リースとレンタルの違い


女性リース契約レンタル契約は良く似ていて何処に違いがあるのか分かりにくいです。所有権を持てるわけではない。減価償却といった事務処理をしなくても良いなどの共通点が多数存在します。では、リース契約とレンタル契約の違いは一体どこなのでしょうか。

まず、そもそもコピー機のレンタル契約では固定資産税などの支払いが発生しません。また、いつでも返却してよいので解約時に違約金が発生することがありません。審査もありませんので気軽に利用することが出来ます。費用という面ではリース契約よりも割高になる場合が多いです。

レンタル契約の1番の強みは、その手軽さでしょう。たとえば、工事などの現場事務所といった、その後立ち退くことが決まっている場所で使う設備にはうってつけのサービスといえます。中途解約が出来るという利点もありますので、必要なときに必要なものを利用したいときにはレンタル契約を利用すべきでしょう。逆に、その設備を長く利用する予定があるのであればリース契約を使った方が費用を抑えることができます。

似ているようで諸々違うリース契約とレンタル契約。その違いを十分に理解して、正しく活用していきましょう。時と場合に合わせた利用法を使うことが、より良い経営状態の第一歩と言えるでしょう。