リースと購入の違い


オフィス機器などの設備投資を行う際には様々な方法があります。リース契約にするか、それとも購入してしまうか頭を悩ませることです。一体この2つの契約形態にはどのような違いがあるのでしょうか。

電卓まず、リース契約の場合は、毎月の支払いを経費として扱うことができ、さらに、その場に資金が無くても設備を導入出来ます。資金繰りが心許ない場合などには心強いです。購入した場合は、買ったその時から所有権が自分のものになります。また、金利手数料などの諸々の費用もかかることがありません。単純明快で分かりやすい支払い方法だといえます。

ここで気になるのが、リース購入はどちらが良いかという問題です。それぞれに利点があるため優劣をつけることは出来ないですが、自身の状況によって使い分けるのが正しい選択といえます。例えば、手元に資金が足りない状態だが、今のビジネスチャンスを有効に活かすために設備投資を行いたいときはリース契約をオススメしますが、その設備を売却や譲渡する予定がある場合には購入した方が良いでしょう。

会社にとって設備投資は大きな機会を得るための重要な局面である場合が多いです。その機会を逃さないためにリース契約を使って設備を導入してみるというのも賢い選択なのかもしれません。