コピー機のリースについて


コピー機会社にコピー機を導入する場合、新品で購入するイメージを持っている人が多いかと思います。しかし、手持ちの資金が足りない場合でも必要なコピー機を手に入れる方法があります。その方法の1つにリース契約を使うという選択があります。

リースには2つの種類があり、金融的な意味合いを持つファイナンス・リース、賃貸的な意味合いを持つオペレーション・リースがあります。共通して言えるのは、契約してもその場で所有権を持つことが出来ません。しかし、たとえ資金繰りが苦しいときでも会社にとって必要な最新のコピー機を手に入れることが可能です。その分の資金を会社の運営資金に回せるのは経営者に取って安心に直結します。また、毎月の支払いを経費として扱うことが出来るため、費用の管理が明快です。減価償却や固定資産税の扱いといった煩わしい事務手続きをしなくても良いというのは大きなメリットといえるでしょう。混同されがちなリースとレンタル契約との違いは、レンタル契約は審査や違約金が無い代わりに利用料がリース契約と比べて割高になります。長期的な運用にはレンタル契約は不向きです

新しい設備を導入するときには、必ず会社には前向きな姿勢があります。そのポジティブな気持ちを後押しするのがリース契約なのではないでしょうか。今回はコピー機のリース契約について記述していきます。ここで記載されているリース契約について理解を深めていただいて、コピー機のリースについてのメリットについて知っていただきたいと思います。