リースについて知ろう


会社の設備投資の仕方には色々な種類が存在します。様々な選択肢を知っていない状態、限られた資金を効率良く使えているとは言い難いです。日本だけではなく世界中で広く使われているリース契約について詳しく知っていきましょう。

夕焼け企業が購入した物件を、長い期間に渡って賃貸契約することをリース契約と言います。歴史は古く、古代ローマ時代に商人に対して船の持ち主が船舶を貸し出すことや、地主が農民に対して農作地を貸し出したことも行われていました。設備投資としてのリースの始まりになったのは製靴機械の貸し出しで、その後、電話の貸し出しから爆発的にリース契約が広がっていきます。

リース契約には2つの形態が存在します。1つはファイナンス・リース。これは金融的な意味合いが強い契約で、基本的には契約期間中の解約は出来ません。解約する場合は違約金が発生します。もう1つはオペレーション・リースです。これは賃貸的な意味が強い契約です。ある一定期間貸し出しをしていた場合に、次のリース契約では安い価格で一年ごとの更新が可能で、そのまま物件を買い取ることが出来ます。

歴史や制度を見ていくことでリース契約について色々な見方が出来ますが、現時点で足りないものを自分の手で使える状態にすることがリース契約の特徴といえるでしょう。