Latest Posts

リースとレンタルの違い


女性リース契約レンタル契約は良く似ていて何処に違いがあるのか分かりにくいです。所有権を持てるわけではない。減価償却といった事務処理をしなくても良いなどの共通点が多数存在します。では、リース契約とレンタル契約の違いは一体どこなのでしょうか。

まず、そもそもコピー機のレンタル契約では固定資産税などの支払いが発生しません。また、いつでも返却してよいので解約時に違約金が発生することがありません。審査もありませんので気軽に利用することが出来ます。費用という面ではリース契約よりも割高になる場合が多いです。

レンタル契約の1番の強みは、その手軽さでしょう。たとえば、工事などの現場事務所といった、その後立ち退くことが決まっている場所で使う設備にはうってつけのサービスといえます。中途解約が出来るという利点もありますので、必要なときに必要なものを利用したいときにはレンタル契約を利用すべきでしょう。逆に、その設備を長く利用する予定があるのであればリース契約を使った方が費用を抑えることができます。

似ているようで諸々違うリース契約とレンタル契約。その違いを十分に理解して、正しく活用していきましょう。時と場合に合わせた利用法を使うことが、より良い経営状態の第一歩と言えるでしょう。

リースと購入の違い


オフィス機器などの設備投資を行う際には様々な方法があります。リース契約にするか、それとも購入してしまうか頭を悩ませることです。一体この2つの契約形態にはどのような違いがあるのでしょうか。

電卓まず、リース契約の場合は、毎月の支払いを経費として扱うことができ、さらに、その場に資金が無くても設備を導入出来ます。資金繰りが心許ない場合などには心強いです。購入した場合は、買ったその時から所有権が自分のものになります。また、金利手数料などの諸々の費用もかかることがありません。単純明快で分かりやすい支払い方法だといえます。

ここで気になるのが、リース購入はどちらが良いかという問題です。それぞれに利点があるため優劣をつけることは出来ないですが、自身の状況によって使い分けるのが正しい選択といえます。例えば、手元に資金が足りない状態だが、今のビジネスチャンスを有効に活かすために設備投資を行いたいときはリース契約をオススメしますが、その設備を売却や譲渡する予定がある場合には購入した方が良いでしょう。

会社にとって設備投資は大きな機会を得るための重要な局面である場合が多いです。その機会を逃さないためにリース契約を使って設備を導入してみるというのも賢い選択なのかもしれません。

リースについて知ろう


会社の設備投資の仕方には色々な種類が存在します。様々な選択肢を知っていない状態、限られた資金を効率良く使えているとは言い難いです。日本だけではなく世界中で広く使われているリース契約について詳しく知っていきましょう。

夕焼け企業が購入した物件を、長い期間に渡って賃貸契約することをリース契約と言います。歴史は古く、古代ローマ時代に商人に対して船の持ち主が船舶を貸し出すことや、地主が農民に対して農作地を貸し出したことも行われていました。設備投資としてのリースの始まりになったのは製靴機械の貸し出しで、その後、電話の貸し出しから爆発的にリース契約が広がっていきます。

リース契約には2つの形態が存在します。1つはファイナンス・リース。これは金融的な意味合いが強い契約で、基本的には契約期間中の解約は出来ません。解約する場合は違約金が発生します。もう1つはオペレーション・リースです。これは賃貸的な意味が強い契約です。ある一定期間貸し出しをしていた場合に、次のリース契約では安い価格で一年ごとの更新が可能で、そのまま物件を買い取ることが出来ます。

歴史や制度を見ていくことでリース契約について色々な見方が出来ますが、現時点で足りないものを自分の手で使える状態にすることがリース契約の特徴といえるでしょう。

コピー機のリースについて


コピー機会社にコピー機を導入する場合、新品で購入するイメージを持っている人が多いかと思います。しかし、手持ちの資金が足りない場合でも必要なコピー機を手に入れる方法があります。その方法の1つにリース契約を使うという選択があります。

リースには2つの種類があり、金融的な意味合いを持つファイナンス・リース、賃貸的な意味合いを持つオペレーション・リースがあります。共通して言えるのは、契約してもその場で所有権を持つことが出来ません。しかし、たとえ資金繰りが苦しいときでも会社にとって必要な最新のコピー機を手に入れることが可能です。その分の資金を会社の運営資金に回せるのは経営者に取って安心に直結します。また、毎月の支払いを経費として扱うことが出来るため、費用の管理が明快です。減価償却や固定資産税の扱いといった煩わしい事務手続きをしなくても良いというのは大きなメリットといえるでしょう。混同されがちなリースとレンタル契約との違いは、レンタル契約は審査や違約金が無い代わりに利用料がリース契約と比べて割高になります。長期的な運用にはレンタル契約は不向きです

新しい設備を導入するときには、必ず会社には前向きな姿勢があります。そのポジティブな気持ちを後押しするのがリース契約なのではないでしょうか。今回はコピー機のリース契約について記述していきます。ここで記載されているリース契約について理解を深めていただいて、コピー機のリースについてのメリットについて知っていただきたいと思います。